ダイエットで臭う?ケトン臭

糖質制限ダイエットってご存知ですか?ダイエットではすっかり定番になっていますね。
ご飯や麺類やパンなどの炭水化物を一切取らず、たんぱく質と野菜だけを口にするハードダイエッターも少なくないようです。
でも、糖質制限をハードにしすぎると、口臭や体臭が強くなり、なんともいえないツーンとした酸っぱいニオイがするようになると言われています。

私たちは通常、食事から摂取した糖質を第一のエネルギー源としています。
体内に糖質が不足すればするほど、口臭や体臭がきつくなります。
ニオイの正体は「ケトン体」です。

糖質が不足していると、身体は蓄えている脂肪を分解してエネルギーに変えていくのです。
この作業は、肝臓を使って行われ、このとき血液中に放出されるのが、「ケトン体」と呼ばれる物質です。
通常ケトン体が出てくるのは、身体が飢餓状態に陥った時だそうで、ダイエット中にケトン体が出てくるということは、
身体がSOSサインを出しているということになるそうです。
なので、ケトン臭が漂ってきたなあと感じたら、糖質制限しすぎたかもとブレーキをかけることが大事です。

クリアネオの購入はこちらから!